ウイルス消毒のおすすめ業者

ウイルスの消毒は業者にお任せ!見極めポイントとコツをご紹介

新型コロナウイルスの流行により、消毒業者の必要性や需要は大きく上がりました。

自宅や事業所など、「新型コロナウイルスに感染してしまうのではないか」という不安な思いからウイルス消毒の専門業者を探す方はたくさんいらっしゃいます。

中には家族やスタッフが新型コロナウイルスに感染し、「これ以上感染を拡大させないためにも、自宅や事業所を消毒したい」という方もいることでしょう。

しかし、ウイルス消毒などの特殊な清掃に関する知識を持っている方はほとんどいません。

そのためどうやってウイルス消毒の専門業者を選んだらいいのか分からず、困っている経営者さんやご家族も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、「ウイルス消毒を専門としている業者の選び方を知りたい!」という方に向けて、「ウイルス消毒の基礎知識」と「専門業者が実際におこなっていること」や「優良業者の選び方」などをわかりやすく解説していきます。

ウイルス消毒への消毒作業依頼を検討している方にとって、業者選びの参考にしていただければ幸いです。

目次

ウイルス消毒を業者に依頼する理由

2020年に入ってから新型コロナウイルスの蔓延に伴い、ウイルス消毒を専門とする業者の需要は伸びています。

感染者の増加とともに依頼が殺到し、予約待ちの状態が続くこともあります。

現在では、アルコール消毒液が市販でも手に入るにもかかわらず、それでも多くの方がウイルス消毒作業を専門業者に依頼する理由について触れていきたいと思います。


ウイルスの消毒をより安全・確実に行える

ウイルス消毒作業を専門業者に依頼する理由の1つは、安全性です。

消毒用の薬剤というのは、取り扱いに注意が必要なものも数多くあり、十分な知識を持っていない一般の方がウイルス消毒をすると、身体に影響がでる可能性があります。

仮に、取り扱い説明書を十分に読み込んだとしても基礎知識がないことによるトラブルが後を絶ちません。

また、自宅や事業所の家具や家電においても、適切な処置をしなければ傷んだり変形してしまうリスクがあります。

安全に作業が行われるというのは、ウイルス消毒を専門業者に依頼する大きなメリットだといえるでしょう。

 

ウイルス感染の拡大による不安を軽減

もう1つの大きな理由は、ウイルス消毒の専門業者に依頼をする方がよりウイルスの感染拡大が防げるからです。

ウイルス消毒の専門業者は一般家庭にはない特殊な器具や薬剤を使用して作業を行います。

個人が自分自身で消毒をするのとは当然、消毒効果に大きな差が見られるでしょう。

また、自分自身で消毒をしようとすると拭き取れない箇所も出てきますが、ウイルス消毒の専門業者は指定範囲を隙間なく網羅した消毒を行うことができます。

これらの点から、ウイルス消毒の専門業者に依頼をすることで、ウイルス感染予防に対する不安を軽減することができます。

 

ウイルス消毒の業者 作業内容

ウイルス消毒の業者が行う作業内容

先ほどの章で、ウイルス消毒の専門業者に作業を依頼するメリットはご理解いただけたかと思います。

では、業者は実際どのように作業をしているのでしょうか。

ウイルス消毒の作業内容を理解しておくことで、安心して業者に依頼をすることができます。

また、相手に適切な依頼をするためにも、あなた自身がウイルス消毒の内容に関する知識を持っていることが大切です。

 

家具や家電にウイルス消毒の薬剤がかからないように梱包する

自宅や事業所に置かれている家具や家電に対して、薬剤がかからないように梱包作業を行います。

先ほども軽く触れましたが、ものにウイルス消毒用の薬剤がかかると、傷んだり変形することがあるため、室内のものにはしっかり梱包を施します。

自宅の消毒ではPCなどの高額電化製品、ベッドなどの表面積の大きなもの、衣服などの傷むと激しく商品が劣化するものなど、配慮しなければならないものはたくさんあります。

ウイルス消毒を行って室内の備品に損害を与えるわけにはいきませんので、この梱包作業はとても大切です。

 

部屋全体にウイルス消毒用薬剤を噴霧する

梱包が完了したら、次にウイルスの消毒作業にうつります。

最初に防護服・手袋・マスクを着用し、その後「次亜塩素酸水」を全身に吹きかけたら準備が完了です。

作業はまず部屋全体にウイルス消毒の薬剤を噴霧(ふんむ)します。噴霧とは霧状にした液体を吹きかけることで、別名スプレーイングという言い方をします。

使用する薬剤は主に「アルコール消毒液」と「次亜塩素酸消毒液」になります。

使い分けとしては、ドアノブや照明スイッチなどの人の手に触れる部位ではアルコール消毒液が使われます。

一方、床や浴室の壁などの人が直接的に触れない部位、もしくはキッチンやトイレなどのウイルスや細菌が発生しやすい部位では次亜塩素酸消毒液が使われます。

 

ウイルス消毒用薬剤で設備や備品を拭き上げる

部屋全体にウイルス消毒用薬剤が行き渡ったら、次は拭き上げ作業に入ります。

順序としては、人がよく触れる清潔区域からスタートし、徐々に汚れの多い不潔区域に移動していきます。

その理由は最初に不潔区域からスタートしてしまうと、そこでの汚れを清潔区域に持ち込んでしまう可能性があるからです。

住宅で例えるならば、最初にリビングに置いてある家具家電、次に床や窓、その後手すりやドアノブなど普段の生活で人がよく触れる部位などの清潔区域を先にウイルス消毒します。

その後、ウイルスや細菌などが発生しやすいキッチン・浴室・トイレと移っていくのが一般的です。

 

ウイルス消毒の拭き上げ風景

ウイルス消毒に使用される消毒・除菌剤とは?

では、実際のウイルス消毒作業に使われる消毒・除菌剤は、どのようなものが使われているのでしょうか。

ウイルス消毒に使用される薬剤や専門業者が使用する機材についても触れていきます。

 

ウイルス消毒用アルコール

ウイルスの消毒に使われる薬剤として最も一般的なのが、こちらのウイルス消毒用アルコールです。みなさんご存知の通り手指消毒にも使われており、人が直接触れることのできる消毒液です。

ウイルス消毒用アルコールは一般的な使用方法にとどまらず、ウイルス消毒の専門業者も「人の手がよく触れる部位への消毒」に使用します。

ただし、消毒用アルコールは一部のウイルスに対して消毒効果を持ちません。

アルコールはウイルスの持っているエンベロープという脂質性の膜を破壊することでウイルスを消毒することができます。

しかし、ノロウイルスなど一部のウイルスではエンベロープを持っていないため消毒用アルコールの効果は期待できないのです。

このように一部効果が期待できないウイルスはあります。

しかし、それを差し引いても消毒用アルコールは非常に使い勝手の良い薬剤のため、多くの場所で使われる消毒剤となっています。

 

次亜塩素水、次亜塩素酸ナトリウム水溶液

次亜塩素水や次亜塩素酸ナトリウム水溶液も、厚生労働省が新型コロナウイルスの消毒・除菌に効果があると認定されており、非常に多くの場所で使われている薬剤です。

消毒用アルコールと異なるのは、次亜塩素水や次亜塩素酸ナトリウム水溶液は酸化や変色作用が強く、吸うと人体にも影響が出る点です。

そのため取り扱いにも十分な注意が必要となります。

このように人体への影響はありますが、次亜塩素酸はウイルス消毒に対して非常に強い効果を発揮します。

そのため主に「人の手が直接触れない部位」への消毒に用いられます。

 

加速化過酸素水素

加速化過酸化水素は一般的にあまり馴染みのない成分ですが、非常に効果の高い除菌剤として使用されており、日本でも手術室の環境整備などに用いられています。

また、除菌効果に加えて洗浄力も備えているためとても使い勝手の良い薬剤です。

 

安定化二酸化塩素

安定化二酸化塩素は、文字に「安定化」とついているとおり「安全性が高くて、除菌・消臭・防腐の効果がある」成分です。

二酸化塩素は元々揮発性の高い(常温で蒸発しやすい)性質を持っていますが、アルカリ水溶液に溶け込ませることで、薬剤として使いやすい状態を保つことが可能です。

安全性が高いうえに除菌・消臭効果が高いこと、そして持続的に効果を得られることから、キッチンやトイレなどの悪臭が発生しやすい場所のウイルス消毒に用いられます。

 

オゾン発生器

オゾン発生器は対象施設でウイルスが発生した場合に、ウイルスを不活化させるために使われます。

特に新型コロナウイルスでは、空気感染を引き起こす可能性が示唆されています。

本来、空気中に存在するウイルスは比較的短い時間で死滅しますが、新型コロナウイルスは1週間程度も空気中に生存できると言われています。

そのためウイルス消毒を行う作業員が空気中からのウイルス感染を防ぐためにも、事前にオゾン発生器を使ってウイルスを不活化させるためのオゾンを発生させます。

オゾンには SARSコロナウイルス、MERSコロナウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルスなど様々なウイルスを不活化させる効果があります。

その結果、ウイルス消毒の作業を安心安全に行うことができるのです。

 

光触媒コーディング

光触媒コーディングとは、部屋を塗装して、その上から光触媒が入った特殊な膜材を貼る作業です。

この膜材が貼られた壁は、太陽の光を浴びることで抗菌作用を発揮することができ、しかも年単位で効果が持続します。

部屋をコーディングするという大掛かりな作業になりますが、1度コーディングを行えば何年にもわたって抗菌作用を維持できるという面では、コストパフォーマンスも良い作業でしょう。

ウイルス消毒の専門業者は、消毒をしてからスプレー型のコーティング剤を吹き付ける作業を行います。

そして、コーディング剤が乾燥すると光触媒の入った薄い膜が継続して自浄作用を持ち続けます。

 

光触媒でウイルス無効化

ウイルス消毒の業者について

次にウイルス消毒を専門とする業者の選び方やコツについて解説していきます。

専門業者は大きく2種類に分かれています。

 

清掃・ウイルスの消毒除菌業者

こちらは一般的なウイルスの消毒業者です。

ハウスクリーニングや消臭も行いつつ、ウイルスの消毒や除菌も行う業者です。

作業内容は「薬剤を噴霧する」「噴霧した薬剤を拭き上げる」という基本的な作業のみをおこなう業者と、先程ご紹介したオゾン発生器・光触媒コーティングなどのサービスも施工する専門業者があります。

ウイルスの消毒に関して、前者は「新型コロナウイルス感染者発症後に感染拡大をふせぐため」という目的で、消毒作業のみを依頼する場合におすすめです。

消毒後の予防や発症者が出る前の予防であれば、後者のように光触媒コーティングなどを施してくれる業者をオススメします。

感染者がまだ出ていない状態であれば光触媒コーティングをおこない感染のリスクをさげることがとても大切です。

ウイルスの感染者が発生した場合であれば消毒を行った後に光触媒コーティングをおこないよりリスクをさけることがより最善になります。

 

特殊清掃業者

特殊清掃とは、孤独死や自殺などの事件や事故現場で遺体の痕を取り除き、原状回復する作業を指します。

近年では高齢者の単身世帯が増えています。2025年には、65歳以上の高齢者のうち1人暮らしをしている人の割合は男性14.6%、女性22.6%と予想されており、今後も高齢者の単身世帯は増え続けると考えられます。

このような時代背景に加えて、2020年に新型コロナウイルスがパンデミックを起こしました。そのため近年では新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、多くの住宅や施設から専門業者にウイルス消毒の依頼が増えています。

オゾン発生器や光触媒コーティングなど、特殊清掃業者だからこそ取り扱える作業もあります。

これらの観点から特殊清掃業者は年々需要が増え、成長市場と呼ばれています。

 

ウイルス消毒の需要が年々高まっていく

ウイルス感染発生から消毒業者に連絡するまで

もし、身近にウイルス感染をした人が現れた場合、「どのタイミングでウイルス消毒の専門業者に依頼をしたら良いか分からない」という方も多いでしょう。

新型コロナウイルスの場合を例に、ウイルス感染患者発生から消毒業者に連絡するまでの流れをご説明します。

 

1、保健所が発生届を受理する

新型コロナウイルス感染を診断した医師から、保健所に届出がされます。

理由は新型コロナウイルスにかかっている患者を発見した場合、医師は保健所に届出を出すことが義務付けられているからです。

ちなみに新型コロナウイルス感染を疑われる人が来院した場合、医療機関には「応召義務」というものがあります。

これは「患者が発熱や上気道症状を有していることのみを理由に、患者の診療を拒否することは認められない」というものです。

 

2、患者に対する調査が入る

医師から保健所に届出が出されたあと保健所から患者に対して調査が入り、ウイルス感染発症から数日前の行動について聞き取り調査がなされます。

なぜ聞き取り調査があるかというと新型コロナウイルスの飛沫感染という特徴から人が密集しているエリアで感染拡大の可能性が考えられるからです。

この聞き取り調査でウイルス感染の恐れがある場所を特定します。

 

3、患者利用施設に調査が入る

先ほどの患者調査で、不特定多数の人が利用する施設に新型コロナウイルス感染症患者が出入りしていた場合、保健所から利用施設に対して調査が入ります。

保健所は対象施設に対して、他に同様の報告がないかを確認し、職員など関係者の健康観察について指導を行います。

これらの確認や指導から、施設に対するウイルス消毒の必要性が判断されます。

4、保健所が消毒の必要性を判断する

保健所が施設全体のウイルス消毒が必要と判断するケースは、「利用施設内で新型コロナウイルス感染患者が複数名でている」「福祉施設など、多くの人にとって生活の基盤となっている場所」「新型コロナウイルス感染患者が、症状発症後に一定時間以上滞在していた」などの条件が当てはまる場合です。

もし、施設全体のウイルス消毒が必要と判断されれば保健所長からウイルス消毒の命令が出されます。

その後、施設管理者が保健所職員の指導のもと自らウイルス消毒を行うか、ウイルス消毒の専門業者に依頼をして業者が消毒作業を行うかを判断します。

 

ウイルス感染が発生した場合に調べること

ウイルス消毒の業者に依頼する前に必要なこと

ここまででウイルス消毒の基礎知識は押さえられたと思います。

次は実際にウイルス消毒の専門業者に依頼をする際のポイントをまとめます。

この情報が明確でないと、目的に沿ったウイルス消毒を依頼できなくなってしまうのでご注意ください。

 

ウイルス消毒をする目的

何においても言えることですが、ウイルス消毒をする目的を明確にしましょう。

目的をはっきりさせることで最適なウイルス消毒に関する専門業者が選べます。

その理由として、消毒業者によっても特徴や保有している機材、得意分野が大きく異なるからです。

「消毒・除菌・清掃のどこまでが必要か」「どういったウイルスに警戒が必要か」を考えます。

 

ウイルス消毒を依頼する消毒範囲

保健所から利用施設のウイルス消毒指示がある場合を除き、ウイルス消毒作業を行う消毒範囲を事前に決めておくことも大切です。

料金の詳細は後ほどご説明しますが、ウイルス消毒の料金は一般的に「床面積×消毒メニュー」 によって決まります。

料金の見積もりを出すためにも、事前にウイルス消毒範囲を決めておきましょう。

ご自身での判断が難しい場合は、保健所に相談をすることもできます。

 

ウイルス消毒の対応日や時間

対象施設のウイルス消毒が必要とされている場合、できるだけ早くウイルス消毒の作業を行いたいところです。

一般的には依頼を受けて当日〜2・3日以内にウイルス消毒作業が行われますが、業者によって対応日や対応時間が異なります。

そのため「いつまでにウイルス消毒作業を行わなければならないのか」「あなたがウイルス消毒の専門業者に対応できる時間」を確認しておきましょう。

 

ウイルス消毒の料金について

ウイルス消毒に対して、いくらまでの予算を確保できるのかも決めておきましょう。

保健所からウイルス消毒の指示が入っている場合、予算に応じて自分自身でウイルス消毒作業を行うか消毒業者に依頼をするのかが決まります。

費用の相場に関しては、次の章をご参照ください。

 

ウイルス消毒の予算に悩む

ウイルス消毒を依頼する際、専門業者の費用相場とは?

ウイルス消毒の専門業者に消毒作業を依頼する際、費用相場についても事前に知っておきましょう。

その理由は、相場を理解しておくことでウイルス消毒における専門業者の見積もりが適切なのかどうかが判断でき、適切な選び方ができるからです。

この章では、どのような基準で料金が決まっているのかご説明いたします。

 

ウイルス消毒が必要な床面積

これはイメージがつきやすいと思いますが、ウイルス消毒作業を行う床面積の大きさに比例して料金が決まります。

多くのウイルス消毒の専門業者では1㎡あたりの単価が決まっており、平米数に応じて料金が算出されます。

一部間取りに応じて料金が決まる消毒業者もあります。

目安としては、1㎡あたり1000円程度が相場となります。

 

ウイルス消毒に関するサービス内容

サービス内容というのは大きく分けて、「ウイルスの消毒・除菌のみを行うもの」と「オゾン発生器や光触媒コーティングなどの、いわゆる特殊清掃と呼ばれるサービスまで受けられるもの」に分かれます。

他にもウイルス消毒の専門業者によってはオプションメニューを設定しているところもあり、サービス内容が充実すればするほど料金も上がります。

目安としては、消毒作業のみならば1㎡あたり1000円程度、特殊清掃に用いられる機材・薬剤を使用する場合は1㎡あたり5000円程度が相場となります。

 

ウイルス消毒が必要な対象施設の場所

対象施設からウイルス消毒業者までの距離によって料金が変わるところがほとんどです。

消毒業者の移動に手間がかかるという点もありますが、新型コロナウイルス感染症のような県をまたぐ移動が制限されている場合などは、そもそもウイルス消毒サービスを受けられない可能性もあります。

ウイルス消毒の専門業者と同県内であれば20〜30%の割引を受けられることが多いので、できる限り対象施設から近いところに依頼することが望ましいでしょう。

 

ウイルス消毒の依頼先を決める

ウイルス消毒の優良業者を選定するには

ウイルス消毒にかかる費用をご理解いただいたところで、最後に良心的なウイルス消毒の専門業者を選ぶコツをお伝えします。

ポイントとしては以下の4点です。

 

1、これまでのウイルス消毒実績

ウイルス消毒を依頼する人の多くは、特殊清掃に関する知識をお持ちでない方かと思われます。

そのため事前にホームページ等で、これまでのウイルス消毒に関する実績を確認しておきましょう。

業者比較サイトも存在し、客観的な評価や口コミをネットで確認することもできます。

安心してウイルス消毒の専門業者に依頼をするためにも、候補となる業者の実績や強みを確認し、不安を感じる評価をつけられていないかも確認することができます。

 

2、ウイルス消毒に関する保有資格

ウイルス消毒の専門業者が保有している資格をチェックすることで、サービスの質を確認できます。

多くの業者では、保有している資格はホームページなどに必ず掲載してあります。

その理由は「資格があることでお客様に権威性を理解してもらえる」「ウイルス消毒サービスの質に対して安心感を持ってもらえる」など根拠を元に信頼を得られるからです。

特殊清掃業に関連する資格は数多くあり、専門業者のホームページに取り上げられているものは「一般廃棄物収集運搬」「古物商」「解体届OR解体許可」 「臭気判定士」などの資格です。

特殊清掃業を営む上で有効な資格としては「一般廃棄物収集運搬」「解体届OR解体許可」 の2つですが、ウイルスの消毒となると根拠をしめしている専門業者の方が信頼に値するといえるでしょう。

また「優良事業認定」をアピールしているウイルス消毒の専門業者もありますが、こちらの認定は年間5万円を支払えば優良事業者として認定されます。

言葉を選ばずに言うと「お金で買える認定」ですので、その点も注意しておきましょう。

 

3、ウイルス消毒をおこなう日時や料金に柔軟な専門業者かどうか

実際のウイルス消毒作業がこちらの条件に対応できる業者かは事前に確認をしておきましょう。

理想はホームページなどをチェックした際に、対応可能日時や料金がしっかり説明されている業者です。

情報がしっかり説明されていないと、後々トラブルにも繋がりやすいですね。

中にはホームページ内の情報が少なかったとしても、問い合わせたら丁寧に説明・対応してもらえる専門業者もあります。

それでもやはりホームページ内に丁寧な情報が記載されていることは大きな安心感につながるでしょう。

 

4、ウイルス消毒の専門業者における問い合わせ対応

依頼をしたいウイルス消毒の専門業者がある程度絞り込めたら、実際に見積り依頼などの問い合わせをしてみましょう。

ウイルス消毒の専門業者の中にも、こちらがしっかり納得できる説明を丁寧にしてもらえるところと対応が雑なところで大きな差があります。

質問に対して的確な回答を返してもらえるということは、消毒業者自体がそれなりの専門知識を持っていることの証明にもなりますね。

電話やメールでの対応を見て、ウイルス消毒の専門業者として信頼できるかどうかを判断することも大切です。

 

まとめ

以上、ウイルス消毒の専門業者に関する説明と、適切な業者の選び方やコツについての情報をまとめました。

世の中では、新型コロナウイルスに関する不安はまだ消えていません。

自宅や事業所を問わず、誰もがウイルス消毒の専門業者に消毒作業を依頼する可能性は十分にあります。

いざ、ウイルス消毒作業が必要になった時に適切な消毒業者を選べることは、あなたにとって大きな安心感につながるでしょう。

この記事が最適な業者選びのできる参考情報となれば幸いです。

ウイルスの消毒に業者選びをお考えの方、弊社はお見積り・ご相談・キャンセル料も完全無料です。ぜひ一度、ご連絡ください。

コロナウイルス消毒・除菌・抗菌|Kurashiの救助隊 – 特殊清掃部隊

電話対応時間:24時間365日対応  TEL:0120-921-859

 

資料参考サイト:
https://prtimes.jp/
https://m-ihinseiri.jp/article-service/
https://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/kansenshou/001/